Taylor Swift(テイラー・スウィフト)

テイラー・スウィフトの行動に非難の声…グラミーで元カレ1Dのハリーに向けてやっちゃった行動とは?

Red: Deluxe Edition

大人気カントリー歌手のTaylor Swift(テイラー・スウィフト、23歳)がグラミー賞授賞式に登場。オープニングで「We Are Never Ever Getting Back Together」のパフォーマンスを行いました。

しかしこのパフォーマンス中に、テイラーが行った行動に非難の声が相次いでいます。

なんと曲中の台詞の部分で、元カレのOne Direction(ワン・ダイレクション)のHarry Styles(ハリー・スタイルズ、19歳)への嫌味とも思える行動を取ったのです。

テイラーは曲中の彼氏のセリフのところ、「So he calls me up and he’s like, ‘I still love you’」(彼は電話をかけてきて私に「まだ愛してるよ」って言ったの)をブリティッシュ・アクセントを混ぜていったのです。

海外メディアでは、ブリティッシュ・アクセントにしたのは、イギリス人のハリーに向けてのものだ!と報じています。

しかも顔の表情もちょっと小馬鹿にした感じなので、ハリーファンが怒りまくってるんです…!

そしてテイラーは、その次のセリフの部分も、「And I’m like, ‘I’m sorry, I’m busy opening up the Grammys, And we’re never getting back together. Like, ever」(だから私はこう返してやったの。ごめんね、私はグラミーのオープニングで忙しいの。私たちは絶対にヨリなんて戻さないわ、絶対に)とちょっぴり変更!

映りは悪いですが、パフォーマンスはこちらで見れます。台詞の部分は2分15秒くらいから(リンク切れに注意)→「Taylor Swift – 2013 Grammys Award Performance」


Photo by PR Photos

この行動に対して、ネットでは…

・「テイラーは、大人になるべきね」

・「テイラーがこんな行動をしたなんて信じられないわ。最低のパフォーマンスよ」

・「ブリティッシュ・アクセントひどすぎ!もっと勉強してからにして」

・「ハリーも好きだし、テイラーも大好き。だからこの行動には戸惑ってるわ」

・「テイラーには悪いけど、ハリーはもう次に進んでるわ。妄想もいい加減にしなさい」

わざわざグラミーの授賞式でこんな行動をとっちゃうと、テイラーはまだハリーに未練があるんじゃ?って思ってしまうのですが……。みなさんはどう思いますか?

 <HOMEに戻る>