Miley Cyrus(マイリー・サイラス)

【続編】元彼ニック・ジョナスが新曲でマイリー・サイラスへの気持ちを歌った件に、マイリーがコメント!

Breakout

本日アップした記事で、人気女優のMiley Cyrus(マイリー・サイラス、19歳)が過去に交際していた「ジョナス・ブラザーズ」の三男Nicholas Jonas(ニコラス・ジョナス、20歳)通称ニックが、新曲『Wedding Bells(ウェディングベルズ)』でマイリーのことを歌ったのではないか?と話題になっている件で、ついにマイリーがコメントしました!

ニックは新曲で「ウェディングベルの音が鳴り響くのを僕は聞きたくない」「もう1度僕たちは一緒になれるんじゃないか」などと元カノであるマイリーを想像させるような歌詞を多用し、世間を驚かせていました!

しかも歌詞の中にある「11 nights into June」という部分。実は2006年6月11日は、マイリーとニックがはじめて出会った日だという。これはマイリーのことを歌っているといっても過言ではありませんよね。

フー・アイ・アム

そんな中、マイリーはラジオ番組に出演。そこでマイリーは「私以外に彼の知り合いで結婚する人を知らないんだけど…」と語り始めたという。

「なんていうかどうでもいいって感じよ」とマイリー。「歌手って自分が経験して感じたことをそのまま歌詞にするし、それって批判されることじゃないでしょ」「歌手と付き合う人は、経験を歌詞にされるのを気にしちゃだめよね」と明かしたのだ。

たしかに過去の恋愛を歌詞にするアーティストは多いですよね。でも、2人の記念日を歌詞に書かれたり、「またヨリを戻せるんじゃないか」なんて書かれたら、未練タラタラ過ぎて嫌な気持ちにはなっちゃう気が……。

マイリーの婚約者Liam Hemsworth(リアム・ヘムズワース、22歳)の気持ちも知りたい(笑

  <HOMEに戻る>