未分類

アンジェリーナ・ジョリー監督、映画『不屈の男 アンブロークン』が2016年日本公開決定

2014年に全米公開となったAngelina Jolie(アンジェリーナ・ジョリー、40歳)監督の映画『不屈の男 アンブロークン(原題:UNBROKEN )』が2016年2月、シアター・イメージフォーラムを皮切りに公開することが決定しました。
(c) 2014 UNIVERSAL STUDIOS
(c) 2014 UNIVERSAL STUDIOS

シアター・イメージフォーラムは、「ショアー」「蟻の兵隊」「シャトーブリアンからの手紙」など、ドキュメンタリー、劇映画と問わず戦争を描いた作品をこれまで上映している劇場です。

本作は、第二次世界大戦で日本軍の捕虜となったオリンピック・アスリート、ルイ・ザンペリーニの半生を、監督のアンジェリーナをはじめ、ハリウッドの一流スタッフが結集し創り上げました。

【ストーリー】
1936年のベルリン・オリンピック5000mで驚異的なタイムをたたき出したルイ・ザンペリーニ(ジャック・オコンネル)は、第二次世界大戦で空軍パイロットとなる。彼を乗せた爆撃機が海に不時着し、47日間の漂流の末、日本軍に見つかって捕虜として収容所に送られてしまう。収容所では、彼に対して病的な執着を見せるワタナベ伍長による執拗な虐待を受けるが、ザンペリーニは不屈の精神で耐え抜き、終戦によって遂に解放されるのだった…

<HOMEに戻る>