Johnny Depp

ジョニー・デップのファンが殺到!映画『ブラック・スキャンダル』がトロント映画祭でも大反響

9月10日(現地時間)に開幕した、トロント国際映画祭。9月14日には、ジョニー・デップ主演の映画『ブラック・スキャンダル』の北米プレミアが行われました。

映画『ブラック・スキャンダル』トロント映画祭

映画『ブラック・スキャンダル』には、Johnny Depp(ジョニー・デップ、52歳)、Benedict Cumberbatch(ベネディクト・カンバーバッチ、39歳)、Joel Edgerton(ジョエル・エドガートン、41歳)ら豪華キャストが出演しています。

熱烈なファンが待ち受けるトロント国際映画祭に登場したのは、ジョニー、ジョエル、ダコタ・ジョンソン、ジュリアンヌ・ニコルソン、スコット・クーパー監督たち。映画は、トロント映画祭でも大反響だったようです。

映画『ブラック・スキャンダル』トロント映画祭

映画『ブラック・スキャンダル』は、実在のマフィア、ジェイムズ・“ホワイティ”・バルジャーが起こしたアメリカ犯罪史上、最大のスキャンダルを描いた作品! ※ジョニーは主人公のジェイムズを演じます。

ジョニーは、自身の役作りや実在する人物を演じる際の心構えを以下のように語りました。

「ジェームズ・バルジャーの話は知っていたし、魅了されていた。実在しないキャラクターの場合は、誇張することができる。だが、実在した人、あるいは今も実在する人を演じる場合は、その人、真実、歴史に対する責任を背負うことになる。ジェームズ・バルジャーの外見をできるだけ正確に再現することは、とても重要だった。そのために、僕は、メイクアップアーティストと一緒に、顔の作りからすべてをじっくりと考えた。メイクのプロセスには、毎日2時間かかったよ。」

映画『ブラック・スキャンダル』トロント映画祭

ジョニーがかつてない演技で観客を圧倒する『ブラック・スキャンダル』は、9月18日の全米公開で、2016年1月30日(土)に日本公開になります。今から公開が楽しみです!