One Direction(ワン・ダイレクション)

「ワン・ダイレクション」ハリー・スタイルズの酔っ払いエピソードをキャシー・グリフィンが明かす

今年1月にイーグルスのコンサートを訪れた大人気ボーイズグループOne Direction(ワン・ダイレクション)のHarry Styles(ハリー・スタイルズ、20歳)。

41st Annual American Music Awards - Arrivals
Andrew Evans  / PR Photos

コンサートの翌日、コメディアンのKathy Griffin(キャシー・グリフィン、53歳)がTwitterでハリーに向け、「こんにちはハリー・スタイルズ!昨夜のイーグルスのコンサートであなたのサンローランのコートを持っているの」と画像付きでツイートしていました。

それから3ヶ月経ち、そのときの様子をキャシーが『The Sun』に語りました。また同コンサートには、俳優のTom Hanks(トム・ハンクス)も来ており、ハリーは初めてトムと会って話をしたといいます。

キャシーは「私はイーグルスのコンサートでハリー・スタイルズの隣に座ったの。私は容赦無く彼のアソコを叩いたりしてたんだけど、彼は随分と酔ってる様だったわ。で、彼は楽屋に行ってトム・ハンクスに会ったんだけど、そこで可愛らしいばかな事をしてたの。ハリーはトムに『キャプテン・フィリップのボートでの撮影は怖かった?凄く小さく感じたんだけど』って言ってたの」とコメント。

そのときハリーは、キャシーに自分のコートを預けていたとか。しかもトムが「ハリー、ここにいるのはキャシー・グリフィン、コメディアンだぞ」と説明しても、ハリーは意味を理解出来ていなかったといいます。

そのときの様子をキャシーは、笑いながら以下のように語っています。

「彼は別に変になってた訳じゃないけど、ずっと私のとこに自分のコートを置いてたの。盗んでやろうかと思ったけど、彼氏がやめるように説得してくれたおかげで、逮捕されずに済んだわ」

ハリー相当酔っぱらってたみたいですね!

管理人ブログ↓

<HOMEに戻る>