セレブ情報ならWorldGossip

セレブ情報ならWorldGossip

ビヨンセ、コンサートで盲目の少女と「Irreplaceable」をデュエット

歌姫Beyoncé(ビヨンセ、32歳)がコンサート中に盲目の少女と一緒に歌う姿が、ネット上で話題になっています。


Wild1 / PR Photos

11月10日にオーストラリア・パースで開催されたコンサートで、ビヨンセは目の見えない13歳の少女・Sophie Kotkis(ソフィー・コトキス)と一緒に歌う場面がありました。

ビヨンセは客席にいるソフィーの元へ行き、「今日はここにとってもスペシャルな女の子がいるの」とファンに紹介。そして「あなたの名前をみんなに教えて」と言うと、ソフィーは「ソフィー!」と元気よく答えました。そしてビヨンセは「みんなソフィーにハローって言ってね」とコメント。

ビヨンセは「ソフィー、この曲を歌うの、あなたに手伝ってほしいんだけど、いいかしら?『To the left』って歌ってくれる?」と声を掛け、ソフィーは「To the left、To the left」と歌いました。そしてビヨンセはソフィーの髪や顔を触りながら、『Irreplaceable』を熱唱したのです。ソフィーを見つめるビヨンセの優しい眼差しが、素敵です。

http://youtu.be/hbsRl_NQsK0

今回ビヨンセとソフィーが一緒に歌うことになったきっかけは、ソフィーの姉Ellie Kotkis(エリー・コトキス)が作成したビデオ。エリーはソフィーについてのビデオを作成し、ビヨンセのマネージャーに送ったといいます。

エリーはニュースサイト『Perth Now』に「ソフィーは今までコンサートに行くことが難しかったんです。だから私はソフィーについてビデオを作りました」「ソフィーは今まで大変なこともたくさんありましたが、それを成遂げてきました。ソフィーは多発性硬化症協会のために1000ドル以上の寄付を集めたこともあるのです。私はそのことをビデオにまとめ、ソフィーのような素晴らしい子が、ビヨンセのように素晴らしい方と会うにふさわしい、ということを伝えたかったんです」と話しました。

そして、エリーの作成したビデオを見たビヨンセのマネージャーが、今回のコンサートにソフィーを紹介してくれたといいます。そして、コンサートではビヨンセがソフィーの目の前に行き、会話をし、『Irreplaceable』を一緒に歌うことに。

このことについてエリーは「ソフィーはビヨンセと一緒に歌うことになるなんて考えてもいなかったわ」、「本当に素晴らしい出来事だったわ」とコメント。

またエリーは「ソフィーにはできないことがたくさんあるけど、彼女は音楽が大好きだし、ダンスも大好きだし、歌うのが大好きなの。だからみんなにもソフィーの素晴らしさを見せたかったんです」と明かしています。優しいお姉ちゃんですね。

ぜひ動画、チェックしてみてくださいね!

@worldgossip2さんをフォロー

<HOMEに戻る>

お気軽にコメントください

*

Return Top