Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)

歌手ジャスティン・ビーバー、グアテマラで学校建設を手伝う

人気歌手のJustin Bieber(ジャスティン・ビーバー、19歳)が、グアテマラで学校建設を手伝ったことがわかりました。


Andrew Evans  / PR Photos

奇行ばかりが報じられているジャスティンですが、実はチャリティー活動にすごく力を入れています。以前は、難病と闘う子供たちの願いを200個叶えたことが大きな話題となりました。

また東日本大震災のときには、海外セレブが次々と来日をキャンセルする中「何が何でも日本に行くよ」と日本に来てくれて、被災した子供たちを激励したり、コンサートの収益金を寄付するなど、支援の手を差し伸べてくれました。被災地の子供たちと交流した時には、日本語で「元気ですか?」と尋ねるなど、一人一人に積極的に話しかけ、コミュニケーションを図っていたといいます。

関連記事 : ジャスティン・ビーバー、好きな旅行先を聞かれ「日本」と答える

そんなジャスティンは10月26日(現地時間)にグアテマラシティでパフォーマンスを行いました。その後、『Pencils of Promise』というボランティア団体と一緒に学校建設の手伝いをしたといいます。

『TMZ』が伝えるところによれば、ジャスティンはシャツを脱いで作業を手伝ったり、自分の靴を脱いで現地の男の子にその靴をプレゼントする姿がキャッチされています。

またTwitterでは「僕の人生の中で最もパワフルな1日だったよ。グアテマラとPencils of Promiseに感謝します。今日僕は本当の幸せを見たよ」などとツイート。そして「僕のサングラスを小さな友達Ricardoにあげたんだ」と男の子にサングラスをプレゼントしたことも明かしています。

さらに3分半の動画をYouTubeで公開し、グアテマラでの経験や自分の気持ちを語っています。動画で「僕はShelleyっていうとっても美しい女の子に出会ったんだ。彼女は優しい心を持っている子で、僕についてくるんだよ」と語る場面では、写真も公開しています。

ジャスティンは本当に子供好きですよね!それにしても19歳で、これだけの行動が出来るのは素晴らしいことだと思います。

@worldgossip2さんをフォロー

<HOMEに戻る>