One Direction(ワン・ダイレクション)

「ワン・ダイレクション」ハリー・スタイルズがソロで歌う「Don’t Let Me Go」のデモが公開!


Landmark / PR Photos

人気グループOne Direction(ワン・ダイレクション)のHarry Styles(ハリー・スタイルズ、19歳)が、ソロで歌う曲「Don’t Let Me Go」のデモがYouTubeで公開されました!

以前ソロアルバム制作の噂があったハリー、その噂については完全否定していましたが、なぜか今回ハリーがソロで歌う曲が公開されてしまいました。なぜ、ハリーはソロで曲を歌っているのでしょうか?

『Hollywood Life』によると、ハリーが歌う「Don’t Let Me Go」は、実は1年半前にレコーディングされたものだといいます。もちろんハリーがバンドを辞めるとかではなく、この曲は1Dのアルバムに収録するつもりで作られた曲で、本当は5人全員で歌うはずだったとか。

多忙を極める1Dは、時間をセーブするために、ときどき別々に仕事を行うこともあるようで、このデモもその過程で生まれたようです。なので、5人で歌うはずの曲を、まずはハリーひとりでレコーディングしたというわけです。

この曲は、ミュージシャンのSam McCarthy(サム・マッカートニー)とともに制作した曲。このデモを聞いたファンから、サムのTwitterに多くのコメントが寄せられているようで、サムは「ワオ!みんな曲についての素敵なツイートありがとう。ハリーがほとんどの歌詞を担当して、僕は音楽を担当したんだよ」とツイートしています。

「Don’t Let Me Go」は、しっとりとしたバラードソング。ハリーの歌声にもマッチしていて、素敵な曲です。この曲を聞いたファンからは「すごくいい曲だね」「泣きそうになるソング」「美しい曲だわ」などとコメントが相次いでいます。

  <HOMEに戻る>