Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)

トラブル続きだったジャスティン・ビーバー、本人はイギリスを満喫&1Dルイ・トムリンソンもジャスティンを擁護


Paul Froggatt / PR Photos

コンサートに遅れて批判されたり、誕生日にトラブルがあったり、パパラッチに殴りかかろうとしたり、スキャンダルが目立つ歌手のJustin Bieber(ジャスティン・ビーバー、19歳)。

そんなジャスティンが、イギリスの滞在を終え、自身のツイッターで以下のようにつぶやきました。

「有難いと思うことが多いから、ストレスには負けないよ。メディアは僕がおかしい状態になっていると報じているけど、僕自身はロンドンをとっても楽しんだよ。ファンは最高だったしね」

「イギリス滞在中はクレイジーなこともいくつかあったけど、僕は大丈夫さ。少し休憩をして、僕が愛していることを続けていくつもりだよ。それはみんなを楽しませることだと思う。ありがとうね」

最近の行動を見ていると、ちょっと休んだ方がよさそうですよね。ファンからも「ジャスティンには休みが必要」「ずっと愛しているわ、待ってる」などとコメントしています。

Louis Tomlinson: 125 Facts You Need To Know!
▲Louis Tomlinson(amazon)

また、そんなジャスティンにイギリスの大人気グループ、One DirectionのLouis Tomlinson(ルイ・トムリンソン、21歳)もサポートをツイートしています。

「個人的には彼をそんなに知らないけど、ジャスティンに対してメディアが落ち着くことを祈ってるよ」

ほかにも、「僕は本当にジャスティンに共感できる。僕の知っているほかのティーンエイジャーと比べても、何も違ったところなんてないよ」とツイート!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近では奇行ばかりが目立っているけど、ジャスティンといえばチャリティ活動にも積極的に取り組んでいます。

来日中であった2011年5月18日、東京都内のアメリカ大使の公邸で東日本大震災で被災した子どもたちと交流したことも大きな話題となりました。

さらに、昨年2月には、脳の癌と戦う少女(6歳)の元を訪問。最近では、コンサートに行けない白血病の少女ファン(7歳)を訪問しました。

とっても優しいハートを持っているジャスティン。波乱のイギリスツアーだったけど、ちょっと休んでまた戻ってきてほしいですね♪

 <HOMEに戻る>